FANDOM


応神天皇は大日本帝国15代天皇。咸和5年(皇暦990年、西暦330年)に誕生し即位、 太元19年(皇暦1054年、西暦394年)に崩御。崩年は65歳。

歴史 編集

本名は誉田別(ホムダワケ)命。『古事記』が同母兄と伝えるホムヤワケは父親である。祖父母は14代仲哀天皇と神功皇后。実際には大和王朝の16代目の大王で、15代の宇治天皇(忍熊王)は伯父(ホムヤワケの異母兄)。

スピリチュアル 編集

本地は釈迦牟尼如来。応化して八幡神となる。

関連ブログ記事 編集

応神天皇は仲哀天皇の「孫」だった!

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。